パン工房 アウビング

ドイツは世界で一番パンの種類が多い国。その数は基本的なものだけで1000種類以上にのぼり、地方にしかないようなものまで含めると3000種類以上もあるとか。毎日の食事をはじめ様々なシーンで活躍するパンはドイツのライフスタイルに欠かせない食べ物です。ドイツ人のパンに対するこだわりは日本人が主食であるお米にこだわるようなもの。パン職人は全員ライセンスを持っていて、何代も続いている老舗のパン屋さんも数多く存在します。

アウビングは滋賀県東近江市の住宅街にあるオリジナルドイツパンのお店ですが、その始まりはオーナーがドイツ留学中にドイツパンのあまりのおいしさに感動したことでした。噛めば噛むほど味わいが増すドイツのパン。穀物の旨みがダイレクトに味わえ栄養たっぷりのパンから菓子パンやクリスマスの時期限定のシュトレンなど幅広いメニューが魅力です。

アウビングのパンはそんなドイツ人のパンに対する姿勢を手本とし、ドイツパン本来のずっしりとした存在感はそのままに日本人にも食べやすいよう独自の製法や食材でオリジナルにアレンジしたハードパンを作っています。何を選ぼうかと迷ってしまうほどハードパンの種類が多いのも自慢のひとつです。

そしてドイツパンの他にもしっかりとした食感のソフト系パン、生地と揚げる油にこだわったカレーパンやオリジナリティあふれるサンドイッチ、自家農園産の無農薬有機野菜を使った野菜シリーズのパン、地域の食材をふんだんに使った食パンなどここでしか見つけることのできないパンをご用意しています。

アウビングでは「生活の一部として存在するパン」を目指し、そのためにトレンドに流されるのではなく素材や製法に信念を持ち、食べ方に関しても様々な提案をいたしております。日々の食事がアウビングのパンで少しでも特別なものになり、食生活が楽しく健康的に変わっていくお手伝いをさせていただきます。

そしてもうひとつ、パン作りをする中で私たちが日々心に留めていること。それは人間がどのように自然と付き合っていくことができるのかということ。薪の調達から野菜作りまでアウビングと自然は切っても切れない関係です。薪はアウビングの里山から運び出し、畑では無農薬かつ有機栽培で野菜を栽培。収穫した野菜はパンやピザに使ったり無農薬野菜として販売。
薪を燃やした後の灰は畑で肥料として活用したりすることで、自然から与えてもらうばかりの関係ではなく、アウビングが自然の一部として存在できるような「循環」を大切に考えています。
この今はまだ「小さな循環」がいずれ「大きな循環」へ育っていくようアウビングのチャレンジは続きます。


お知らせ

<今月の営業日>

 

<日曜日はピザの日>

日曜日は里山から運び出した薪を使って石窯で焼いたピザの日です。

生地はカリっと香ばしく、トッピングにはアウビング農園で無農薬機栽培した野菜や世界中の珍しい食材などをたっぷり使ったとにかく具だくさんな贅沢ピザです

生地から作り、お客様ご指定の時間に焼き上げるため、できるだけ前日までのご予約をおススメしています。

 

 

ご注文方法

ピザのご注文はお電話、フェイスブック及びインスタグラムのメッセージ、店頭にて承っております。

ご注文時に、ピザの種類、サイズ、枚数、日にちと時間、お名前、ご連絡先をお伝え下さい。

サイズは、Lサイズ(約28cm・8枚切、大人3~4人分)、Mサイズ(約25cm・6枚切、大人2~3人分)、Sサイズ(約20cm・4枚切、大人1~2人分)です。

なお、ピザのトッピング(特に野菜)は日によって変わりますのでご了承ください。

 

 

新着情報

2018年08月22日
アウビングのホームページが新しくなりました。