アウビングのストーリー

平成10年、オーナーの加納正博がドイツへ留学。
パンやピザのおいしさを現地に住むことで体験し、親友となったドイツの友人、知人のパン職人、イタリアンシェフからの教えや刺激がのちのアウビング創業の原点となりました。
留学を終え帰国後、平成16年から仕事の合間に里山整備を行い、続けて休耕畑を再生して無農薬での野菜の栽培にも取り組みました。

十年ほどの間、休日、正月、お盆も関係なく時間がある時にはオーナーの父、弟と共にアウビングの里山へ入って枯れた木や間伐の必要な木を伐り、薪にするために肩に担いで山から降ろしたり、厚く堆積した腐葉土を掻きとって、畑での肥料とするために運びだしました。
荒れた里山が手入れの行き届いた里山になるのと同じくしてパン屋アウビング創業への道が整っていきました。

平成20年ごろから里山の薪や畑での野菜を使ったパン作りを行うため、石窯の製作を計画し平成22年、自らの手でドイツ式石窯を製作し、ドイツ留学時代の友人たちからの教えをもとに独学でパンやピザを石窯で焼く技術を習得しました。

平成23年店舗を持たず出店専門のパン屋としてオーナーと義妹の二人で開業。2月の三重オーガニックマーケットで初出店をし、その後は三重県を中心に地元滋賀県各地へ多数出店しました。

平成24年11月から店舗・工房の新築のために出店も休み、平成25年4月4日新店舗のオープンを果たしました。オープン後はスタッフも加わり店舗営業と出店を積極的に進め、竜王町のカフェ「モコモコ」さんにて定期的なパンの販売も行いました。(現在は販売していません)

平成26年11月、オーナーの一人体制に。製造から販売まですべて一人で行うようになりました。(この時の経験が妻との出会いから人脈の広がり、お客様とのつながりをさらに得ることになりました)

平成27年、アウビングの敷地が大幅に(約600坪)増加し、20台以上駐車できるスペースと畑が広がり、アウビングの体験農園が始まりました。(現在は日野の畑のみで実施)
2月、初のインターンシップ研修生を受け入れ。
10月にはドイツでお世話になった友人を訪ね、パンの新たな勉強のために渡独。

平成28年3月には敷地内で旧車イベントを開催。
翌週にはアウビング主催のマーケット「日々を彩るマーケット カラーズ」の開催。(3月~6月まで4回開催)

平成29年4月からはオーナーの妻との二人体制で営業がはじまり、新しいアウビングの時代に入りました。
11月には滋賀竜王アウトレットパークで行われた「パンまつり」に2日連続での出店に挑み、平成30年5月27日には、新店舗オープン5周年記念として、「日々を彩るマーケット カラーズ」を開催。
たくさんのお客様と、アウビングを支え仲良くしてくださる方々の出店やボランティアにも参加、ご来場いただきました。

出店専門のパン屋として開業したのですが、現在はほとんど出店はせず、店舗での販売が中心の営業です。
畑も、日野町の畑と敷地内の畑で栽培し、日野の畑の一部は体験農園としてお貸ししています。

今後アウビングではさらに進化していくためにいろんなことを計画中ですので、どうぞご期待ください!  


アウビング5周年記念イベント「日々を彩るマーケット カラーズ」の出店者さん、スタッフとの記念撮影 (2018年5月27日開催