日常にちょっとした彩りを...

<アウビングのパン>

アウビングのパンは、パンの本場ドイツのパンを元にしてお客さんの嗜好に合わせて食べやすく、また、ドイツにはないアレンジや粉配合で作っています。
パンの材料としては三重県産、北海道産、滋賀県産の小麦、ドイツ・バイエルン地方のライ麦、自然塩や国産の粗糖など、できるかぎり自然に近い素材を使用しています。
そしてパンに使用している野菜はアウビングの農園で自家栽培した農薬も化成肥料も使わずに栽培した野菜を使用しています。
シンプルな素材を組み合わせて作るちょぴり特別なパン。他の素材をプラスすることでおいしさが更に進化するパン。食欲を満たすためだけに食べるパンではなく食卓に楽しみを運んでくれるようなパン。アウビングのパンがそんなパンになったらいいなという想いで日々パン作りをしています。


<薪火石窯焼きピザ>

アウビングのピザはパン同様国産小麦とシンプルな材料を使って作っています。
注文当日に捏ねて発酵させた生地にメニューから選んでいただいたトッピングを施し、指定のお時間にあわせて薪火で十分に温めた石窯で一気に焼き上げます。
アウビングの里山から運び出した薪は木の種類によって性質が異なるため、着火のために使う薪、窯の温度を上げるために使う薪、ピザを焼くために使う薪などに選別して使用します。高温で焼き上げた石窯ピザのクラストは中がもっちり外はパリッとして、ほのかに薪火の香ばしさが残っています。ついつい1切れ、また1切れと手が伸びてしまうおいしさです!
こんな感じで手間ひまかけて作るピザは基本日曜日のみのご提供となります。焼きたてのピザを確実にお買い上げいただけるよう、できるだけ前日までのご予約をお勧めしています。

 

<野菜と薪>

ピザを焼く石窯の燃料である薪は滋賀県日野町にあるアウビングの里山から自分たちで運び出します。余剰材を伐り、山から降ろして薪に割り、乾燥させて作っています。
また、アウビングでパンやピザに使用したり店頭で販売する野菜は、滋賀県日野町とアウビング店舗の敷地内の畑で無農薬有機栽培したものです。
良質でコストを抑えたパンやピザを作ることができるのも、パン作りの傍ら野菜の栽培まで自分たちで行うからこそ。アウビングのパン作りには、原材料の生産にも携わることでのみ知り得ることができる多くの貴重な経験や知識があちこちで生かされています。
野菜から薪までアウビングの里山や畑の産物を活かしているのが、他にはないアウビングのパン作りの特徴の一つです。